ネイリストの就職先

ネイリストとして技術・知識を得たなら

ネイリストになるために必死に勉強して、ネイルスクールを卒業!

スクールでは就職先を斡旋してくれるサービスもあるわけですが、一体どんなところに就職していくのでしょうか?
ネイル業界といっても意外といろいろと就職先はあるようで、定番のネイルサロンはもちろん、結婚式場芸能人の専属ネイリストとか…いろいろなんですよね。

ただ、やはりスクールを卒業したての初心者は、まずはネイルサロンに就職するのが無難な道となっているようです。
実際にプロの技術や現場を肌に感じることができるだけでなく、接客などのネイル技術外の事も学ぶ事ができます。
なによりも、お客様とゆったりと話しながら働くのは、人生経験においては素晴らしく良いことのように思えます。

このサロンに勤務しながら、ネイル検定1級や認定講師などの資格取得を励むのもあり。
ネイルスクールの講師になるためのステップにする人もいるようです。
また、フリーで活躍するという手もあり。

ネイリストとしての技術・知識を身につけることで、サロンはもちろんのこと、スクールやフリーなど、さまざまな働き口ができるようになるのですね。

就職に絶対必要なのがネイル資格

ネイル資格は就職に必要なのかというと、必ずしもそうとはいえないようです。
というのも、資格がなくても「私はネイリストです」という事は可能であり、自宅でフリーで開業するにあたっては何の問題もないのです。

つまり、子育て中の私でも、しっかりとネイリストとしての勉強を終えれば、自宅で開業することができるということなんですね。

ただ、最初からフリーでやれる人というのは、かなり限られていることとなります。
それなりの資金がないとできませんし、ましてやネイルの技術に相当な自信がないとできないでしょう。
少しでも不安があるようであれば、最初はサロンで経験を積むのが一番です。

でも、サロンで経験を積むとなると、そこには資格が必要となります。
3級だけでなく、2級はもっていないと難しいと言われています。
2級をもっていなくても就職できる場合もありますが、その場合はアシスタントとしてまずは2級取得を目指す形になるようです。

どちらにしろ、ネイル検定は2級を取得してからの方が、就職はもちろん自宅開業でも有利になるのは間違いないです。
2級を持つことが、それだけの実力を持っていることの証明ともなるのですし、就職先にもお客様にも一発でその実力を知らしめる事ができるということなのですから。

トップへ戻る