ネイリストの収入

ネイリストはどれくらい稼ぐ?

憧れのネイリストとして、晴れてネイルサロンに就職したら、その収入は一体いくらくらいになるのか?

それは誰もが興味あることではないでしょうか。
いくらネイルアートが好きだとはいっても、食べていけるだけの収入がないと難しいものです。

就職先としては「サロン」、「スクールの講師」、「自宅での開業」大きく分けてこの3つのタイプに分かれるわけですが、調べてみると、それぞれまったくことなるものとなるようです。

まず、ネイルサロン。
ネイルスクールを卒業すると、大体がネイルサロンにまずはアルバイトや契約社員として雇用される事となりますが、その場合の収入は、平均して時給800円から1200円ほど。

土地による差はあるものの、大体がこれくらいの金額となるようです。
そして、正社員ともなると月収で15万から20万程度となり、年収でいえば300万円ほどでしょうか。
サロンによっては指名制による給料プラスαもあるようですから、頑張った分だけ反映されるところもるようです。

正社員として、そしてネイリストとして順調に顧客を増やし、その技術も高く評価されるようになれば、ネイルサロンの店長として店舗を任されることにも…。そうなると、月収30万から40万ともなるというのです。

次にネイルスクールなどの講師の場合。
講師の収入は、これまでの経験などで変わってくるようです。
サロン未経験者での正社員雇用であれば、大体月収20万ほど。
ネイルサロンや講師を経験したことがある人であれば、もう少し上までもらえるようです。
それも、交渉次第というところでしょうか。

ただ、講師ともなるとその実力がはっきりとわかるものがないといけませんから、ネイル検定は必須
皆がうらやむ1級は持ちたいといったところでしょう。
でないと、習う生徒側としてもがっかりしてしまいますね。
やはり、技術がすばらしい講師に習いたいものですから…。

最後に、自宅で開業した場合。
ネイリストとして自宅で開業するのは、多くの人が憧れている事。
誰にも縛られずにおこなえるなんて、素晴らしいですよね。
特に子育て世代であれば、比較的時間を自由に使える夢のような働き方となります。

とはいえ、その経営は決して楽ではありません。
ネイルのスキルだけではなく、経営営業についても勉強していかなくてはいけません。

チラシやクーポン、宣伝用のサイトといった営業アイテムも必要となります。
意外と経費もかかることからも、そのやりくりも大変なのです。
規模や顧客がどれくらいいるかで決まるので、その収入は一概にはいえません。

ネイリストは実力の世界でもありますから、よりプロフェッショナルな人ほど高収入なるようです。
コンクールなどで優秀したことがある人などは年収何千万といった金額を稼ぐ事ができる…なんていわれていますから凄いもの。
ただ、そうなるのはほんの一握り…そうそう甘くないの世界なのです。

平均で2年から3年といった長い下積み期間もありますので、その間は掛け持ちして日々の生活費を得ている人もいりのだとか!?
華やかな世界ではあるものの、そこまで甘くない、努力がものを言う厳しい世界…なんですね。

トップへ戻る