ネイリストの検定について

有名なネイリスト団体とは?

ネイリストが持つ検定は、国家資格ではなく民間資格です。
「なんだ~国家資格じゃないのか」なんて思いそうですが、民間資格だからといって馬鹿にすることはできないほど、その難易度は高いものとなっています。

3級・2級・1級とあるなかで、大抵の人が取得できるのが3級。
でも、3級ぐらいでは就職の際にはあまり意味がないよう…。せいぜい趣味範囲でしょうか。
就職で有利となるのは2級・1級ですが、これらの級の取得はとても難しいものとなっているのです。

このネイル検定をおこなっている団体はいくつかあり、主催団体によって別々の検定となるので、どれを受けるかきっちりと考えて選ばなくてはいけなくなります。

代表的な団体としては下記でしょうか。

「インターナショナルネイルアソシエーション(INA)」

ネイル検定の中でも特に難しいといわれている検定で、専門学校などに通っている人が受けることが多いです。

ネイルアートの技術や衛生知識、道具の使い方、ハンドケアなど…学科よりも実技の方を重視。
試験レベルは基本的技能と知識を有する「PA」、技能・知識をきっちりと実践できる「AA」、スペシャリストとしての技術・知識を持っている「AAA」の3段階にランク付けされています。

ちなみに、AAAの合格率は数%という難関!
とはいえ、この検定のディプロマを持つことは、就職においてはかなり有利になるというものです。

「日本ネイリスト協会(JNA)」

人気の高いネイリスト技能検定試験
1級から3級まであり、さらには認定講師といった試験も用意されています。
3級は基礎知識と技術を、2級ではサロンで通用する知識・技術に加えてアートの知識も、1級はプロのネイリストとして必要な技術が必要となります。

合格率はそう低いものではなく、幅広い世代にチャレンジされているようです。


この2つの団体が、ネイル検定の主催団体として人気。

日本だけでなく海外にもあり、特にアメリカでは国家資格となっています。
日本でも通用するものらしいので、スキルアップの一つとして目標にしてもいいですね。

技術意外でも厳しい検定

ネイリストの検定は、学科実技とあり。

学科においては、しっかりと勉強をしていればそう難しいものではないのですが、実技ともなるとそうも簡単にはいかないよう…。
時間が限られているだけでなく、時間が短いので、失敗したら最後…。
直す暇もないのだとか…。

しかも、道具を置く場所を間違えただけでも減点というのですから、厳しい事この上ないです。

この実技において、他の検定の実技とちょっと違うなとおもったところが、誰でもいいからモデルを連れて行くということ。
しかも、このモデルさんの爪がきれいかどうかでも合否に影響がでるというのですから、誰でもいいといっても選んでしまいます。

モデルさんに数日前から爪を伸ばしてもらっておいたり、その管理も丁寧にお願いしておかなくてはいけないのですから大変です。
検定前に爪が割れたなんて出来事があった日には泣きそうです。

厳しいネイリストの為の検定試験。
技術だけでなく、ネイリストとしての身のこなしなども要求されるのですから、相当な技術スキルがなければ合格なんてできないのではないでしょうか。
まさに、一に練習、二に練習…といったところです。

トップへ戻る